So-net無料ブログ作成

花の写真上達法・一流カメラマン秘伝のテクニックとは?

 
前の3件 | -

作成集で、美しいイメージを頭の中に叩き込む! [作例集]

pic279591.jpg

花や庭をより美しく撮れるようになりたい、と願っている人たちにとって、
この「デジタル一眼レフカメラで撮る花と庭の写真講座」は、
基礎編だけでも非常に価値の高い内容になっており、
撮影に必要な知識を一通り身に着けることが出来ます。

しかし何と言ってもこの講座の素晴らしいところは、
沢山の作例について丁寧な解説がされているということです。

良い写真を撮るためには知識だけでは不十分で、
その知識をどのように実際の撮影に活かすか、
というフィードバックの積み重ねが重要なんですね。

基礎編が理屈中心だとすれば、作例集はイメージ中心の学習になります。
繰り返し作例を眺め、解説を聴き、
「そうか、だからこの写真は美しいんだ」と納得する。

そうやって少しずつ、あなたの頭の中に必勝パターンが形成されて行きます。
美しいイメージのパターンが出来上がってしまえば、
後は自由自在に応用出来るようになり、
あなたなりの個性も発揮出来るようになるのです。

まずは基礎を徹底的に学ぶことが、
遠回りのようで近道だ、ということですね。


「デジタル一眼レフカメラで撮る 花と庭の写真講座」
5.png


「花と庭の写真講座」はこんなに親切・丁寧 [サンプル版]

福島将之氏の解説は
初心者に大変分かりやすいことで好評です。

では、実際に写真講座のサンプルを見てみることにしましょう。

↓この講座の一部です。クリックすると実際の音声が流れます。


・・・いかがでしょうか。
これなら、私にもバッチリ理解出来る!と感じられたことでしょう。

いや、私は初心者のままでいい!自己流で構わない!
という方には無理にお勧めしませんが、
ここで一つ言えることは、この講座を手にするかしないかで、
今後あなたが撮影する写真がまるで違って来る
ということです。


「デジタル一眼レフカメラで撮る 花と庭の写真講座」
5.png



「デジタル一眼レフカメラで撮る花と庭の写真講座」の中身 [講座の具体的な内容]





「デジタル一眼レフカメラで撮る花と庭の写真講座」は、
適当な解説でお茶を濁したそこらへんの教材と異なり、
圧倒的に質の高い、すぐに役に立つ内容で構成されています。

<基礎編>
花写真の基本型
露出とは何か
露出補正のテクニック
「ボケ具合」のコントロール方法
バラの花を立体的に表現するための設定
感度の設定
ピントの合わせ方
様々な撮影モードの使い分け方
基本となる構図とは
自然光を活かした撮影方法
良い被写体の見つけ方
晴れた日の白いバラの撮り方
デジカメならではの設定方法

<作例集>
作例を一つずつ取り上げながら、
天候の様子、構図の考え方、
露出補正の考え方、光の選び方、
背景の考え方など、
基礎編で学習した内容を元に総合的に解説


収録時間は合計3時間半近くあり、作例も非常に多いので、
何十回繰り返して視聴されても学ぶことが無数にあり、
飽きるということがありません。


「デジタル一眼レフカメラで撮る 花と庭の写真講座」
5.png



前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。